SUPERVION TABLOID

Vol.4 HERBERT HIRCHE ヘルベルト・ヒルヒェ

 

ヘルベルト・ヒルヒェをご存知でしょうか?

1910年生まれのドイツ人デザイナー。バウハウスで学びカディンスキーやファンデルローエと行動をともにし、初期BRAUN社デザインのパイオニアでもある隠れた大物。50年代から70年代にかけて活動しドイツの家具デザインを牽引してきました。最小限の要素に機能性と美しさを最大限に追求するドイツデザインの代名詞=ヒルヒェのデザイン。とてつもなく簡素でありながら、そのプロダクトから放たれる ただものではない存在感に魅了されます。美術史上かつてないほどに華々しく圧倒的な影響をおよぼしたバウハウスの閉鎖以降、ドイツ国内のインテリアデザインは戦争の時代とともに暗く深い霧に覆われていきました。

 

インテリア三大国イタリア・アメリカ・スカンジナビアが君臨するインテリア業界。このデザイン大国に負けずと劣らず美しいプロダクトを排出しているにもかかわらずピンとこないドイツインテリアデザイン。ドイツ家具で話題がもちきりになることは珍しいことです。ドイツでインテリアは市民権を得ていないものなのでしょうか?実はこの深い霧に包まれた偉大なる無名インテリア大国ドイツの国内家具生産量や工場の稼働率はヨーロッパでもトップクラス、そして多くのドイツ人デザイナーは三大国に分散して目覚ましい活躍をしています。ドイツ家具の販売先がドイツ国内に限られ、いまだに問屋経由で販売されているという先進国では珍しい販売ルートが知名度の少ないドイツブランド無名大国に拍車をかけてきた要因のひとつなのです。ヘルベルト・ヒルヒェの優れた美しいプロダクトも、そのメーカーが世界にほとんど進出していなかったため国際的な注目を浴びるまでに至りませんでした。彼のプロダクトを目にしたとき、その徹底されたストイックな美しさに心を奪われます。彼の作品はドイツインテリアデザインの優れた教科書と評価されています。デザイン三大国の影にかくれ長年なりを潜めていたドイツデザイン業界はその折り紙付きの質の良さと簡素で美しいデザインに今日、世界的評価が高まっています。新旧時代を問わずドイツ国内には素晴らしいデザインがゴロゴロと埋もれています。

 

一部のマニアを虜にしてきたドイツデザインの底力、あなたの好奇心でそのドイツデザインの『霧』の中をのぞいてはみませんか?

 

Gwis

WWW.SUPERVION.COM